福島原発で被災、東電社員だった車いすバスケ主将 東京パラリンピックへ壮絶な体験を聞く
あの日の恐怖と衝撃は決して忘れることはない。「最悪の事態」も覚悟した壮絶な体験は記憶が曖昧な部分も残...
つづきを読む

twitterでフォローしよう

おすすめの記事